訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

榊原康勝(さかきばらやすかつ)

上野館林藩主[日本]
(元和元年5月27日没)
1615年 6月23日 死去享年26歳
榊原 康勝(さかきばら やすかつ、天正18年(1590年) - 元和元年5月27日(1615年6月23日))は、江戸時代前期の武将、大名。
従五位下・遠江守。
上野館林藩第2代藩主。
榊原家2代当主。
徳川四天王の一人・榊原康政の三男。
大須賀忠政、榊原忠長の弟。
正室は加藤清正の娘本浄院(古屋)。
子に勝政。
生涯 3男であったが、慶長11年(1606年)には父の病死により、上野館林藩10万石の遺領を継いだ。
これは長兄の忠政は外祖父・大須賀康高の養子として大須賀家へ出されており、次兄の忠長は早世していたためである。
康勝が家督を継いだ頃、舘林藩の財政は早々に逼迫しており、これを憂慮した肥後国主で義父である加藤清正が財政再建のために度々榊原家に提言を行っている。
慶長19年(1614年)からの大坂の陣にも徳川方として参戦し、冬の陣では佐竹義宣隊の窮地を救っている。
翌年の夏の陣にも参加し、5月6日の若江の戦いで豊臣方の木村重成と戦闘、翌日の天王寺・岡山の戦いにも参加したが、連日の戦いの結果、榊原軍は豊臣軍に大損害を与えられる結果となった。

↑ PAGE TOP