訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

浅井忠(あさいちゅう)

画家[日本]

1907年 12月16日 死去心臓麻痺享年52歳

浅井忠 - ウィキペディアより引用
浅井 忠(あさい ちゅう、1856年7月22日(安政3年6月21日) - 1907年(明治40年)12月16日)は、明治期の洋画家。
教育者としても貢献した。
生涯 江戸の佐倉藩中屋敷に藩士・浅井常明の長男として生まれる。
少年時代は現在の佐倉市将門町で1863年から1872年までを過ごし佐倉藩の藩校・成徳書院(現在の千葉県立佐倉高等学校の前身。
父・常明は、この成徳書院の校長をしていたこともある)で四書五経などの儒教や武芸を学ぶかたわら、13歳の頃から佐倉藩の南画家・黒沼槐山に花鳥画を学び、「槐庭」(かいてい)の号を与えられ、この頃から才能の一端を現した。
1873年に上京。
はじめは英語の塾で学んでいたが、1875年に彰技堂で国沢新九郎の指導のもと油絵を学び、1876年に工部美術学校に入学、西洋画を学び特にアントニオ・フォンタネージの薫陶を受けた。
卒業後は、新聞画家としての中国派遣などを経て、1889年には忠が中心になって明治美術会を設立した。
1894年、日清戦争に従軍。
1895年、京都で開催された第4回内国勧業博覧会に出品して妙技二等賞受賞。