芸能人・経営者のおくやみ情報

原田正純 氏

医師、元熊本学園大学教授[日本]

(水俣病研究の第一人者)

2012年 6月11日 死去急性骨髄性白血病享年77歳

原田正純 - ウィキペディアより引用

原田 正純(はらだ まさずみ、1934年9月14日 - 2012年6月11日) は、日本の医師。
学位は医学博士。
鹿児島県さつま町出身。
ラ・サール高校、熊本大学医学部卒業。
熊本大学医学部で水俣病を研究、胎児性水俣病も見いだす。
水俣病と有機水銀中毒に関して数多くある研究の中でも、患者の立場からの徹底した診断と研究を行い、水俣病研究に関して詳細な知識を持った医師でもあった。
熊本大学退職後は熊本学園大学社会福祉学部教授として環境公害を世界に訴える。
1989年、『水俣が映す世界』(日本評論社)で大佛次郎賞を受賞。
2001年、吉川英治文化賞受賞。
2010年、朝日賞受賞。
2012年6月11日、急性骨髄性白血病のため熊本市内の病院から退院後自宅にて死去。
77歳。
1959年、熊本大学医学部卒業 1964年、熊本大学大学院医学研究科神経精神医学修了、精神神経科助手 1964年、9月29日 「水俣地区に集団発生した先天性・外因性精神薄弱 : 母体内で起こった有機水銀中毒による神経精神障害、"先天性水俣病" 」にて熊本大学から学位授与。

水俣病研究の第一人者で、元熊本学園大教授の医師原田正純(はらだ・まさずみ)さんが11日午後10時12分、急性骨髄性白血病のため熊本市東区長嶺南7の1の30の自宅で死去した。77歳だった。鹿児島県出身。葬儀の日程や喪主などは未定。 1962年、胎盤は毒物を通さないという当時の定説を覆し、有機水銀が胎児に重大な障害を与えることを突き止め、「胎児性患者」の存在を明らかにした。以降、「公害の原点」と言われる水俣病の研究を半世紀にわたり続けた。 34年鹿児島県生まれ。64年3月に熊本大大学院医学研究科を卒業し、同大助教授などを経て99年熊本学園大教授。「水俣病」「水俣が映す世界」など著書も多く、大仏次郎賞や吉川英治文化賞などを受賞した。

1934年、鹿児島県生まれ。水俣病研究者。 1964年、熊本大学大学院医学研究科修了、医学博士。 熊本大学神経精神科講師、熊本大学体質医学研究所助教授を経て、1999年より熊本学園大学社会福祉学部教授。 胎児性水俣病、三池一酸化炭素中毒、土呂久砒素中毒、カネミ油症など社会医学的研究を行い、ベトナムの枯葉剤の影響や中国・インド・タイなどの砒素中毒、カナダ・ブラジル・中国・アフリカなどの環境汚染を調査。 2005年度から水俣学研究センターを熊本学園大学内と水俣市に開設。 日本精神神経学会賞、UNEPグローバル500賞、大佛次郎賞、熊日文学賞、吉川英治文化賞、熊日賞、アジア太平洋環境賞、久保医療文化賞、若月賞、西日本文化賞など受賞。 2004年、第1期『水俣学講義』が熊日出版文化賞受賞。 2012年6月11日、急性骨髄性白血病のため死去。享年77。 (引用元 Hatena Keyword)

「原田正純」と関連する人物(故人)