芸能人・経営者のおくやみ情報

上田敏

詩人文学者[日本]

1916年 7月9日 死去享年43歳

上田敏 - ウィキペディアより引用

上田 敏(うえだ びん、1874年(明治7年)10月30日 - 1916年(大正5年)7月9日)は、文学者、評論家、啓蒙家、翻訳家。
多くの外国語に通じて名訳を残した。
号で、「上田柳村」とも呼ばれる。
「山のあなたの空遠く 『幸』(さひはひ)住むと人の言ふ」(カール・ブッセの「山のあなた」)や、「秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し」(ポール・ヴェルレーヌの「落葉」、一般には「秋の歌」)などの訳詞は、今なお、広く知られている。
また、日本に初めてジョリス=カルル・ユイスマンスを紹介したことでも知られる。
旧幕臣上田絅二(けいじ)の長男として1874年(明治7年)、東京築地に生まれる。
絅二は昌平黌教授をつとめた儒学者の乙骨耐軒の次男で、英学者で沼津兵学校教授の乙骨太郎乙は伯父(耐軒の長男)、その子で音楽評論家の乙骨三郎は従兄弟に当たる。
静岡尋常中学、私立東京英語学校、および第一高等学校を経て、1897年(明治30年)東京帝国大学英文科卒。

1874年(明治七年)-1916年(大正五年) 詩人、英文学者。東京都生まれ。 日本の訳詩史上にもっとも偉大な功績を残した人物。 代表作は『海潮音』『牧羊神』。 大修館書店高等学校国語科用教科書『現代文1』に氏が翻訳したヴェルレーヌの『落葉』が掲載されている。 (引用元 Hatena Keyword)