芸能人・経営者のおくやみ情報

早川雪洲 氏(はやかわせっしゅう)

俳優[日本]

1973年 11月23日 死去脳梗塞享年87歳

早川雪洲 - ウィキペディアより引用

早川 雪洲(はやかわ せっしゅう、本名:早川 金太郎(はやかわ きんたろう)、日本国外での活動名:セッシュー・ハヤカワ(Sessue Hayakawa)、1886年6月10日 - 1973年11月23日)は、日本の俳優。
千葉県出身、1907年に21歳で単身渡米し、1910年代に草創期のハリウッドで映画デビューして一躍トップスターとなった。
日本人排斥運動や二度の世界大戦、私生活での混乱などによるキャリアの中断を挟みながらも、晩年の『戦場にかける橋』(1958年)でアカデミー助演男優賞にノミネートされるなど半世紀以上にわたって活躍した国際的映画俳優である。
妻の青木鶴子もまたハリウッド草創期の人気女優。
生涯 生い立ち 早川雪洲こと早川金太郎(以下雪洲)は千葉県安房郡千倉町(現・南房総市)千田の出身。
1886年(明治19年)6月10日、裕福な網元であった早川家に父與一郎(よいちろう)、母か祢(かね)の間に六人兄弟の三男として生まれる。

1886年(明治19年)に千葉県安房郡七浦村(現・南房総市)の網元の末っ子として生まれた。アメリカに渡り、シカゴ大学に入学。単身、アメリカに渡るというのも快挙。その後、演劇の世界に入り、ハリウッドで映画に出演。主役を演じた「タイフーン」がヒット。さらに「ザ・チート」とぃう映画で一躍ハリウッドの大スターに登りつめ、女性ファンを熱狂させた。 (引用元 Hatena Keyword)