訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

松花堂昭乗

真言宗の画家[日本]

(寛永16年9月18日没)

1639年 10月14日 死去享年56歳

松花堂昭乗(しょうかどう しょうじょう、天正10年(1582年) - 寛永16年9月18日(1639年10月14日))は、江戸時代初期の真言宗の僧侶、文化人。
俗名は中沼式部。
堺の出身。
豊臣秀次の子息との俗説もある。
書道、絵画、茶道に堪能で、特に能書家として高名であり、書を近衛前久に学び、大師流や定家流も学び,独自の松花堂流(滝本流ともいう)という書風を編み出し、近衛信尹、本阿弥光悦とともに「寛永の三筆」と称せられた。
なお松花堂弁当については、その名が昭乗に間接的に由来するとする説がある[1]。
天正10年(1582年)和泉国堺に生まれる『中沼家譜』。
天正12年(1584年)説は『松花堂行状記』による。
文禄2年(1593年)この頃近衛信尹に仕える。
これは、昭乗の兄(中沼左京)が一乗院門跡尊勢(近衛信尹の次弟)に仕えていたことによる。
慶長3年(1598年)石清水八幡宮に入り出家、瀧本坊実乗に師事して密教を学ぶ。
その後、権僧都宝弁について両部灌頂をうけ阿闍梨位に上がった。
慶長20年(1615年)5月 大坂落城後、狩野山楽を匿っていたことで徳川方の厳しい詮索を受けたが、昭乗は「山楽は絵師であって武士にあらず」と言い張り、事なきを得る。