芸能人・経営者のおくやみ情報

策彦周良

臨済宗の[日本]

(天正7年6月30日入寂)

(ユリウス暦) 1579年 7月23日 死去享年79歳

策彦周良 - ウィキペディアより引用

策彦周良(さくげんしゅうりょう、文亀元年4月2日 (旧暦) 4月2日(1501年4月19日) - 天正7年6月30日 (旧暦) 6月30日(1579年7月23日))は、戦国時代 (日本) 戦国時代の臨済宗の禅僧、外交官。
号は策彦のほか謙斎、怡斎、怡雲子など。

文亀元年(1501年)、室町幕府管領細川氏の家老井上宗信の三男として丹波国 丹波に生まれる。
永正6年12月24日 (旧暦) 12月24日(1510年2月2日)に、京都北山の鹿苑寺の心翁等安のもと仏門に入る。
同8年に起きた船岡山合戦で鹿苑寺から焼け出され、師とともに丹波に逃れる。
永正15年(1518年)、18歳に至って天竜寺にて剃髪、具足戒を受け、諱を周良とする。
五山文学の影響下、等安から漢籍・詩文の手ほどきを受け、漢文力を磨く。
大永2年(1522年)に師の等安が入寂。
天竜寺の塔頭妙智院の住職となる。

室町後期の臨済宗の僧。京都生。細川氏の家老井上宗信の三男。号は謙斎。鹿苑寺心翁等安の法を嗣ぐ。大内義興の発起する遣明使に参加し多くの珍籍をもたらすなど五山末期の碩学として活躍した。織田信長の嘱を受け岐阜の地名を選し、武田信玄に招かれて甲斐の恵林寺・長興寺に数年住した。のち天竜寺妙智院に退隠した。『策彦入明記』の著がある。天正7年(1579)寂、79才。 (引用元 コトバンク)

「策彦周良」と関連する人物(故人)