芸能人・経営者のおくやみ情報

近藤浩一路 氏

水墨画家漫画[日本]

1962年 4月27日 死去脳炎享年79歳

近藤 浩一路(こんどう こういちろ、本名:浩(こう)、明治17年(1884年)3月20日 - 昭和37年(1962年)4月27日)は、日本の水墨画家・漫画家。
明治初期の実業家・教育者である近藤喜則は祖父にあたる。

山梨県南巨摩郡睦合村(現南部町 (山梨県) 南部町)に生まれる。
近藤家は江戸時代に南部宿の本陣を務めた家柄で、父は幼少時に病没しているが、祖父の喜則は初代県会議長を務めたほか地元で私塾を営んでおり、裕福な家庭に育つ。
父の療養のため幼少時には静岡県庵原郡岩渕村で過ごし、富士川小学校を経て1902年(明治35年)に韮山中学(静岡県立韮山高校)を卒業すると上京する。

祖父からは医者になることを期待され英語学校や予備校へも通うが、文芸誌への投稿や俳句など文芸活動に熱中し、1904年(明治37年)には画家を志して洋画家の和田英作の白馬会研究所に所属し、同年9月には東京美術学校西洋画科へ入学する。
在学中には白馬会へ出展しており、この頃の画風には外光派の影響が見られる。
同級生の影響で水墨画をはじめたほか、文芸活動も行っている。
また、同級生には親友となった藤田嗣治らがいる。

水墨画家、漫画家。1884-1962(明治17-昭和37) 山梨県南巨摩郡睦合村南部(現南部町)に生まれた近藤浩一路は、静岡県韮山中学校を卒業ののち、明治43年に東京美術学校西洋画科を卒業まで、教授の和田英作の紹介で白馬会研究所に通い、同級生の藤田嗣治などと共に新しい時代の絵画を吸収していきました。大正4年に読売新聞社に入社し、漫画・挿絵を描き、のちに時事新報社に移って菊池寛や芥川龍之介らと親交を結びました。 大正5年東京漫画第1回展に出品する傍ら、大正10年に日本美術院の同人となり、以後多くの秀れた作品を発表し続けました。大正11年にフランスに半年間滞在し西洋の文化に触れ、また朝鮮・中国へも旅行し東洋の文化にも直に接してその違いを学びました。 (引用元 Hatena Keyword)