訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

小山敬三 氏

画家[日本]

1987年 2月7日 死去享年91歳

小山敬三 - ウィキペディアより引用
小山 敬三(こやま けいぞう、1897年(明治30年)8月11日 - 1987年(昭和62年)2月7日)は、昭和期の洋画家。
父と祖父は、小山久左衛門(襲名)と称した小諸城下・荒町の豪商であり、商家でありながら、馬廻り格の士分待遇を小諸藩から受けていた。
衆議院議員・初代小諸市長・参議院議員を務めた小山邦太郎は兄。
年譜 1897年(明治30年)長野県北佐久郡小諸町(現小諸市)荒町に生まれる。
1915年(大正4年)旧制長野県立上田中学校を卒業。
同年慶應義塾大学予科入学。
1916年(大正5年) 父の反対を押し切り、画家になるために慶應義塾大学理財学科を中退し、川端画学校で藤島武二に師事。
1920年(大正9年)島崎藤村のすすめで渡仏。
アカデミー・コラロッシでシャルル・ゲランに油絵を学ぶ。
1928年(昭和3年)帰国。
1929年(昭和4年)神奈川県茅ヶ崎市にアトリエを構える。
1936年(昭和11年)有島生馬、山下新太郎らと一水会を結成。
1959年(昭和34年)連作「白鷺城」で日本芸術院賞を受賞。
1960年(昭和35年)日本芸術院会員。