芸能人・経営者のおくやみ情報

戸川猪佐武 氏

作家、政治評論家[日本]

1983年 3月19日 死去急性心不全享年61歳

戸川猪佐武 - ウィキペディアより引用

戸川 猪佐武(とがわ いさむ、1923年12月16日 - 1983年3月19日)は、日本の政治評論家・作家。
神奈川県平塚市出身。
父親は小説家で元平塚市市長の戸川貞雄、弟は小説家の菊村到。
来歴・人物 旧制湘南中学を経て早稲田大学政治経済学部へ入学し、後に陸軍へ召集となるが徴兵検査で病気が発覚し延期。
回復後に再び召集されたが直後に終戦を迎え、早大に復学して卒業する。
1947年に読売新聞へ入社。
政治部記者として、数多くの政治家に対し取材を行なって顔を知られるようになる。
一時期は特派員としてモスクワにも滞在していた。
1955年には河野謙三から、父・貞雄の平塚市長選挙への出馬説得を依頼されたことから、仲介役を務め、父親を当選させることに成功している。
1962年に読売新聞を退社して政治評論家に転じる。
評論活動の傍ら同年10月にスタートしたTBSのニュースワイド『JNNニュースコープ』においてメインキャスター(1962年10月 - 1964年3月)を務めるようになった。

政治評論家。著作『小説吉田学校』で知られ、後に映画化される。 その映画の試写会の帰りに急性心不全で急逝。 当時の週刊誌上で、腹上死であったというゴシップも流れた。 (引用元 Hatena Keyword)