訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

小杉放庵 氏

画家[日本]

1964年 4月16日 死去肺炎享年84歳

小杉放庵 - ウィキペディアより引用
小杉 放庵(こすぎ ほうあん、1881年(明治14年)12月30日 - 1964年(昭和39年)4月16日)明治・大正・昭和時代の洋画家。
本名は国太郎、別号に未醒、放菴。

栃木県上都賀郡日光町(現・日光市)に二荒山神社の神官・富三郎の子として生まれる。
父は国学者でもあり、1893年(明治26年)から1897年(明治30年)にかけては日光町長も務めていた。

1896年(明治29年)から日光在住の洋画家・五百城文哉の内弟子となるが、五百城に無断で出奔、上京して白馬会洋画研究所に入る。
しかしこれに馴染めず、肺尖カタルをも患ったため帰郷。
再び五百城の元に戻る。
1900年(明治33年)に今度は許可を得て再度上京し、小山正太郎の不同舎に入門する。
1902年(明治35年)に太平洋画会に入会し1904年(明治37年)に未醒の号で出品する。

↑ PAGE TOP