芸能人・経営者のおくやみ情報

小野竹喬 氏

日本画家[日本]

1979年 5月10日 死去享年91歳

小野 竹喬(おの ちっきょう、 1889年(明治22年)11月20日 - 1979年(昭和54年)5月10日)は、大正・昭和期の日本画家。
本名は小野英吉。
1889年(明治22年) 岡山県笠岡市西本町に生まれる。
1906年(明治39年)京都の日本画家・竹内栖鳳に師事。
栖鳳より「竹橋」の号を授かる。
1911年(明治44年)京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)別科修了。
同校の同期生であった村上華岳、土田麦僊とともに1918年(大正7年)国画創作協会を結成する。
1923年(大正12年)、号を「竹喬」と改める。
1947年(昭和22年)には京都市美術専門学校教授に就任し、京都市立芸術大学と改組した後も教鞭を執った。
同年、日本芸術院会員となる。
50歳前後で没した華岳、麦僊に対し、竹喬は戦後も日本画壇の重鎮として活躍し、1976年(昭和51年)には文化勲章を受章している。
等持院の小野宅は、今も閑寂な空気につつまれ、庭や東隣に位置する名刹等持院境内には、小野竹喬の絵の素材になった木々が繁る。

日本画家。岡山県生。名は英吉。竹内栖鳳の門に学ぶ。大正7年土田麦僊らと国画創作協会を創立。帝展・新文展で活躍し、戦後は日展で重きを成す。一貫して日本の自然に取り組み清澄な透明感の中に豊かな詩情と独特の滋味のある画風で、風景画の分野に確固とした新視覚を示し続けた。京都絵専教授。芸術院会員。文化功労者。文化勲章受章。昭和54年(1979)歿、89才。 (引用元 コトバンク)

「小野竹喬」と関連する人物(故人)