芸能人・経営者のおくやみ情報

池田綱政

岡山藩主[日本]

(正徳4年10月29日没)

1714年 12月5日 死去享年77歳

池田綱政 - ウィキペディアより引用

池田 綱政(いけだ つなまさ)は、備前岡山藩の第2代藩主。
岡山藩池田家宗家4代。
幼名は太郎。
初名は興輝(おきてる)、のちに将軍・徳川家綱と父・池田光政より偏諱の授与を受け、綱政に改名。
生涯 江戸時代前期の名君として著名な池田光政の長男。
母は本多忠刻の娘・勝子。
父・光政が30歳のとき、江戸藩邸で誕生した。
寛文12年(1672年)に光政の隠居に伴って家督を継いだが、父が存命中の藩政は隠居した父によって行なわれた。
天和2年(1682年)、父の死によって自ら藩政に取りかかる。
光政の治世により、岡山藩は藩政が安定し発展したが、大藩になればなるほど何事においても支出が増大し、そのために光政の治世末期から綱政が家督を継いだ頃には、岡山藩は財政難に見舞われていた。
このため、綱政は津田永忠、服部図書らを登用して財政再建に取りかかった。
綱政は、財政再建のためには農村再建による新田開発が必要であると考えていた。
また、この頃、岡山藩は大洪水などの天災が発生して多難を極めていた。
そのため、津田永忠を用いて児島湾に大がかりな干拓を行ない、洪水対策として百間川や倉安川の治水工事を行なった。