芸能人・経営者のおくやみ情報

秋月悌次郎(あきづきていじろう)

会津藩士、教育者[日本]

1900年 1月5日 死去享年77歳

秋月悌次郎 - ウィキペディアより引用

秋月 悌次郎(あきづき ていじろう、文政7年7月2日(1824年7月27日) - 明治33年(1900年)1月5日)は、日本の武士(会津藩士)、教育者。
名は胤栄、字は子錫、号は韋軒。
明治維新後は、胤永(かずひさ)と名乗る。
婿養子・胤継は、漢学者(文学博士、第六高等学校教頭、懐徳堂講師)。
下総国発祥千葉氏の末裔である丸山胤道の次男として若松城下に生まれる。
丸山家の家督は長男の胤昌が継ぎ、悌次郎は別家として秋月姓を称する。
藩校・日新館に学び、南摩綱紀とともに秀才として知られた。
天保13年(1842年)に江戸に遊学し、私塾や昌平坂学問所などで学び、また薩摩・長州など諸国を渡る。
藩主・松平容保の側近として仕え、文久2年(1862年)に容保が幕府から京都守護職に任命されると、公用方に任命され、容保に随行して上洛。
薩摩藩士・高崎正風らと計画を練り、会津藩と薩摩藩が結んだ宮中クーデターである八月十八日の政変を起こし、藩兵を率い、実質的指導者として活躍した。

1824年7月27日(文政7年7月2日)〜1900年(明治33年)1月5日 日本の幕末の会津藩士。明治時代の教育者。 (引用元 Hatena Keyword)