芸能人・経営者のおくやみ情報

蘭渓道隆

、建長寺開山[南宋]

(弘安元年7月24日示寂)

(ユリウス暦) 1278年 8月13日 死去享年歳

蘭渓道隆 - ウィキペディアより引用

蘭溪道隆(らんけい どうりゅう、建保元年(1213年) - 弘安元年7月24日(1278年8月13日))は、鎌倉時代中期の南宋から渡来した禅僧・大覚派の祖。
無明慧性の法嗣、建長寺の開山。
諱は道隆、道号は蘭渓。
南宋の西蜀(現:中国四川省)の人。
諡号は大覚禅師。
人物・略歴 13歳で出家し、無準師範、北礀居簡に学んだ後、松源崇岳の法嗣である無明慧性の法を嗣ぐ。
1246年(寛元4年)33歳のとき、渡宋した泉涌寺の僧月翁智鏡との縁により、弟子とともに来日した。
筑前円覚寺・京都泉涌寺の来迎院・鎌倉寿福寺などに寓居。
宋風の本格的な臨済宗を広める。
また執権北条時頼の帰依を受けて鎌倉に招かれ、退耕行勇の開いた常楽寺(神奈川県鎌倉市)の住持となった。
1253年(建長5年)、北条時頼によって鎌倉に建長寺が創建されると招かれて開山となる。
建長寺は、純粋禅の道場としては栄西の開いた筑前国の聖福寺(福岡市博多区)に次いで古い。
創建当初の建長寺は、中国語が飛びかう異国的な空間であった。
当時の建長寺の住持はほとんどが中国人であり、無学祖元はじめ、おもだった渡来僧はまず建長寺に入って住持となるのが慣例となっていた。

鎌倉時代の臨済宗の渡来僧。西蜀培江の人。俗姓は冉、蘭渓は道号、道隆は諱、謚号は大覚禅師。無明慧性の法を嗣ぐ。来日して京都泉涌寺の来迎院に寄寓、鎌倉寿福寺などに歴住したのち、北条時頼の帰依を受け建長寺開山となる。また京都建仁寺で後嵯峨上皇に宗要を説いた。北条時宗の後援で建長寺に再住、円覚寺建立のために寺地を選定した。鎌倉禅宗の基礎を築き、後世に大きな影響を与えた。弘安元年(1278)寂、66才。 (引用元 コトバンク)

「蘭渓道隆」と関連する人物(故人)