訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

柳沢吉保(やなぎさわよしやす)

川越藩・甲府藩 藩主、幕府側用人[日本]

(正徳4年11月2日没)

1714年 12月8日 死去享年57歳

柳沢吉保 - ウィキペディアより引用
柳沢 吉保(やなぎさわ よしやす、正字体:柳澤吉保、正仮名遣:やなぎさはよしやす)は、江戸時代前期の幕府側用人・譜代大名。
第5代将軍徳川綱吉の寵愛を受けて、元禄時代には大老格として幕政を主導した。
生涯 出生から館林藩士時代 柳沢氏は清和源氏の流れを引く河内源氏の支流、甲斐源氏武田氏一門である甲斐一条氏の末裔を称し、甲斐国北西部の在郷武士団である武川衆に属した。
武田氏の滅亡後、武田遺臣の多くが徳川家康の家臣団に組み込まれ、柳沢氏は吉保の祖父にあたる信俊が家康に仕官した。
柳沢氏は土屋氏と並んで、武田遺臣から近世大名化した一族として知られる。
万治元年(1658年)12月18日、吉保は上野国館林藩士・柳沢安忠の長男として江戸市ヶ谷に生まれる。
母は安忠の側室である佐瀬氏(了本院)。
了本院は安忠の所領がある上総国一袋村の出身で、安忠正室・青木氏の侍女となる。
了本院は吉保出産後に実家へ戻ったため吉保は安忠正室・青木氏のもとで養育されたが、後に吉保は了本院の存在を知ると江戸で呼び寄せた。