芸能人・経営者のおくやみ情報

益田孝(ますだたかし)

実業家、三井物産元社長、茶人、男爵[日本]

1938年 12月28日 死去享年91歳

益田孝 - ウィキペディアより引用

益田 孝(ますだ たかし、嘉永元年10月17日(1848年11月12日) - 昭和13年(1938年)12月28日)は、日本の実業家。
草創期の日本経済を動かし、三井財閥を支えた実業家である。
明治維新後世界初の総合商社・三井物産の設立に関わり、日本経済新聞の前身である中外物価新報を創刊した。
茶人としても高名で鈍翁と号し、「千利休以来の大茶人」と称された。
男爵。
現在の新潟県佐渡市相川に生まれる。
幼名は徳之進。
父の鷹之助は箱館奉行を務めた後、江戸に赴任。
孝も江戸に出て、ヘボン塾(現・明治学院大学)に学び、麻布善福寺に置かれていたアメリカ公使館に勤務、ハリスから英語を学ぶ。
文久3年(1863年)、フランスに派遣された父とともに遣欧使節団(第二回遣欧使節、または横浜鎖港談判使節団)に参加し、ヨーロッパを訪れている。
ヨーロッパから帰国後は幕府陸軍に入隊。
騎兵畑を歩み、慶応3年(1867年)6月15日には旗本となり、慶応4年(1868年)1月には騎兵頭並に昇進した。
明治維新後は横浜の貿易商館に勤務、明治5年(1872年)に井上馨の勧めで大蔵省に入り、造幣権頭となり大阪へ。

日本の江戸時代末期時代から昭和時代にかけての実業家。茶人。 三井財閥を支えた実業家で、さらに日本経済新聞の前身である中外物価新報を創刊した人物である。また、茶人としても高名で鈍翁と号していた。 (引用元 Hatena Keyword)

「益田孝」と関連する人物(故人)