芸能人・経営者のおくやみ情報

増田長盛(ましたながもり)

戦国武将、五奉行[日本]

(元和元年5月27日没)

1615年 6月23日 死去自害享年71歳

増田長盛 - ウィキペディアより引用

増田 長盛(ました ながもり)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。
豊臣政権五奉行の第三席。
父母は不詳、弟に増田長俊、子に盛次、長勝、新兵衛。
官位は従五位下・右衛門少尉。
生涯 生地は2つの説があり、1つは尾張国中島郡増田村(現在の愛知県稲沢市増田町)だったという説、もう1つは近江国浅井郡益田郷(現在の滋賀県長浜市益田町)だったという説がある。
上野国に存在した増田氏との関係は不明である。
仕官以前 秀吉に仕官する以前の経歴は明らかでないが、一向宗徒であったという説がある。
永禄7年(1564年)側室との間に長男・長勝を儲けている。
秀吉近臣時代 天正元年(1573年)28歳の長盛は、まだ織田信長の家臣であった羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に召し出され200石で仕えたが、この時期に正室を迎えたと見え、天正8年(1580年)、嫡男・盛次が誕生している。

(1545年〜1615年) 戦国武将、というか豊臣政権の官僚。尾張出身で内政に手腕を発揮、大和郡山城主となる。 関ヶ原では西軍についたために所領を没収される。 のち、秀頼に従い、最後は大坂落城時に自刃する。 (引用元 Hatena Keyword)