芸能人・経営者のおくやみ情報

御木本伸介 氏

俳優[日本]

2002年 8月5日 死去肺がん享年71歳

御木本 伸介(みきもと しんすけ、1931年5月22日 - 2002年8月5日 )は、石川県金沢市出身の俳優。
本名は鈴木脩一。
来歴・人物 石川県金沢市高岡町で生まれる。
母は長唄の師匠で、妹は日本舞踊の師範だという。
旧制金沢二中から新制石川県立金沢二水高等学校を経て立教大学経済学部卒。
大学在学中に文学座研究生となり、1955年、大学卒業と同時に新東宝に入社。
映画「風流交番日記」でデビュー。
新東宝解散後の1962年にフリーとなり、テレビドラマを中心に活動。
特に、講道館柔道をテーマにした矢野小五郎役は適役になった。
任侠映画にも多く出演している 時代劇では悪役が多く家老、黒幕役で『水戸黄門』、『暴れん坊将軍』、『銭形平次』などに度々出演。
善人役を演じることも少なくなかった。
舞台では萬屋錦之介公演を中心に要となる脇役で活躍した。
江見俊太郎、遠藤太津朗らと並ぶ名脇役であった。
テレビドラマ『鬼平犯科帳』では、萬屋錦之介版と中村吉右衛門版での与力・天野甚造役でレギュラー出演、『特捜最前線』では警察庁刑事局長・大江喜一郎役で準レギュラー出演した。