芸能人・経営者のおくやみ情報

藤原定家

公家歌人[日本]

(仁治2年8月20日没)

(ユリウス暦) 1241年 9月26日 死去享年80歳

藤原定家 - ウィキペディアより引用

藤原 定家(ふじわら の さだいえ)は、鎌倉時代初期の公家・歌人。
諱は「ていか」と音読みされることが多い。
小倉百人一首の撰者で権中納言定家を称する。
藤原北家御子左流で藤原俊成の二男。
最終官位は正二位権中納言。
京極殿または京極中納言と呼ばれた。
法名は明静(みょうじょう)。
歌人の寂蓮は従兄、太政大臣の西園寺公経は義弟にあたる。
平安時代末期から鎌倉時代初期という激動期を生き、御子左家の歌道における支配的地位を確立し、日本の代表的な歌道の宗匠として永く仰がれてきた歴史がある。
2つの勅撰集、『新古今和歌集』、『新勅撰和歌集』を撰進。
ほかにも秀歌撰に『定家八代抄』がある。
歌論書に『毎月抄』『近代秀歌』『詠歌大概』があり、本歌取りなどの技法や心と詞との関わりを論じている。
家集に『拾遺愚草』がある。
拾遺愚草は六家集のひとつに数えられる。
宇都宮頼綱に依頼され『小倉百人一首』を撰じた。
定家自身の作で百人一首に収められているのは、「来ぬ人を まつほの浦の夕凪に 焼くや藻塩の 身もこがれつつ」である。

鎌倉前期の歌人・公卿。俊成の子。初名は光季・季光。京極黄門と称し、薙髪して明静という。『新古今和歌集』『新勅撰和歌集』を撰する。正二位権中納言に至る。主な著に『詠歌大概』『明月記』等があり、『千載和歌集』『玉葉和歌集』『続千載和歌集』『新拾遺和歌集』等諸集にその歌を収める。歌学歌論や古典研究の面にも大きな足跡を残した。仁治2年(1241)歿、79才。 (引用元 コトバンク)