芸能人・経営者のおくやみ情報

平賀源内(ひらがげんない)

本草学者、蘭学者、医者、発明家画家[日本]

(安永8年12月18日没)

1780年 1月24日 死去破傷風享年52歳

平賀源内 - ウィキペディアより引用

平賀 源内(ひらが げんない、享保13年〈1728年〉- 安永8年12月18日〈1780年1月24日〉)は、江戸時代中頃の人物。
本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家として知られる。
源内は通称で、元内とも書いた。
諱は国倫(くにとも)、字は子彝(しい)。
数多くの号を使い分けたことでも知られ、画号の鳩渓(きゅうけい)、俳号の李山(りざん)をはじめ、戯作者としては風来山人(ふうらいさん じん)、浄瑠璃作者としては福内鬼外(ふくうち きがい)の筆名を用い、殖産事業家としては天竺浪人(てんじくろうにん)、生活に窮して細工物を作り売りした頃には貧家銭内(ひんか ぜにない)などといった別名でも知られていた。

本草学者。戯作者。名は国倫、字は子彜、号は鳩渓、紙鳶堂、天竺浪人、一世風来山人、福内鬼外(浄瑠璃作者としての戯号)一世森羅万象、松籟子、無根叟等。讃岐志度浦の人。長崎に遊び、オランダ語を学び薬物を研究し、本草学者となった。才気縦横、多技多能で種々計画したが成らず不平不満これを戯作の方面で倩さんとした。著書多く江戸浄瑠璃作者の一名手と称せられた。安永8年(1779)歿、54才。一説に57才。 (引用元 コトバンク)