芸能人・経営者のおくやみ情報

東山魁夷 氏(ひがしやまかいい)

画家[日本]

1999年 5月6日 死去老衰享年92歳

東山魁夷 - ウィキペディアより引用

東山 魁夷(ひがしやま かいい、1908年(明治41年)7月8日 - 1999年(平成11年)5月6日)は、日本の画家、著述家。
昭和を代表する日本画家の一人といわれる。
文化勲章受章者。
千葉県市川市名誉市民。
本名は東山 新吉(ひがしやま しんきち)。
来歴・人物 船具商を営んでいた父・浩介と妻・くにの次男として横浜市に生まれる。
父の仕事の関係で3歳の時に神戸西出町へ転居。
兵庫県立第二神戸中学校(現兵庫高校)在学中から画家を志し、東京美術学校(現:東京芸術大学)日本画科へ進学。
結城素明に師事。
在学中の1929年第10回帝展に「山国の秋」を初出品し、初入選を果たす。
美術学校を卒業後、ドイツのベルリン大学(現フンボルト大学)に留学。
1940年には日本画家の川﨑小虎の娘すみと結婚。
1945年応召し、熊本で終戦を迎える。
召集解除後は小虎、母、妻が疎開していた山梨県中巨摩郡落合村(現南アルプス市)に一旦落ち着く。
11月に母が死去すると千葉県市川市に移り、その後1953年には大学の同窓・吉村順三設計による自宅を建て、50年以上に亘りその地で創作活動を続けた。

日本画家。神奈川県生。名は新吉。東美校卒。結城素明に師事する。昭和47年日展に出品した「残照」が特選となり画壇に認められた。洗練された技法を用い、日本をはじめヨーロッパの自然風土を深い郷愁をたたえた作風で描き出し、現代日本画を代表する画家として活躍し、また文章も能くした。代表作に唐招提寺御影堂障壁画等。日展理事長。芸術院会員。文化功労者。文化勲章受章。平成11年(1999)歿、90才。 (引用元 コトバンク)