芸能人・経営者のおくやみ情報

速水御舟(はやみぎょしゅう)

日本画家[日本]

1935年 3月20日 死去腸チフス享年40歳

速水御舟 - ウィキペディアより引用

速水 御舟(はやみ ぎょしゅう、1894年(明治27年)8月2日 - 1935年(昭和10年)3月20日)は、大正期~昭和初期の日本画家である。
本名は蒔田 栄一(まきた えいいち、後に速水に改姓)。
1894年(明治27年)8月2日、東京府東京市浅草区に生まれる。
従来の日本画にはなかった徹底した写実、細密描写からやがて代表作「炎舞」のような象徴的・装飾的表現へと進んだ。
長くない生涯に多くの名作を残し、「名樹散椿」(めいじゅちりつばき)は昭和期の美術品として最初に重要文化財に指定された。
1935年(昭和10年)3月20日、腸チフスにより急逝した。
40歳没。
生涯 1894年(明治27年)、蒔田良三郎の次男として東京府東京市浅草区浅草茅町二丁目16番地(現在の東京都台東区浅草橋一丁目)に生まれる。
1905年(明治35年)、東京市立育英小学校高等科へ入学。
少年期から画に興味を持ち、1908年(明治41年)に卒業すると、筋向かいに住んでいた容斎派の画家松本楓湖の安雅堂画塾に入門した。

日本画家。1894−1935。 東京浅草生まれ。 画風をつぎつぎに変えたことも有名。 主な作品 「名樹散椿(めいじゅちりつばき)」 所蔵する山種美術館のWEBサイトの説明によると 「昭和52(1977)年に重要文化財に指定された。昭和期の作品で重文に指定されたのはこれが最初である。 この椿は、京都市北区にある昆陽山地蔵院(俗称椿寺)の古木を描いたもの。白・紅・桃色・紅白絞りと種々の華麗な花を咲かせ、しかも山茶花のようにひとひらずつ散る五色八重散り椿として有名である。御舟が写生した当時、樹齢400年程の老木だったが、現在は枯れて同所に2代目の木があるが、初代の古木のような趣は無い。」 「炎舞」 (引用元 Hatena Keyword)