芸能人・経営者のおくやみ情報

林子平(はやししへい)

経世論家[日本]

(寛政5年6月21日没)

1793年 7月28日 死去享年56歳

林子平 - ウィキペディアより引用

林 子平(はやし しへい、元文3年6月21日(1738年8月6日) - 寛政5年6月21日(1793年7月28日))は、江戸時代後期の経世論家。
高山彦九郎・蒲生君平と共に、「寛政の三奇人」の一人。
名は友直。
のちに六無齋主人と号した。
人物・生涯 元文3年(1738年)、幕臣岡村良通の次男として江戸に生まれる。
父の岡村良通は徳川氏の御書物奉行(620石)として仕えていたが、子平が3歳の頃、故あって浪人の身となり、家族を弟の林従吾(林道明)に預け諸国放浪の旅に出た。
そのため、子平の兄弟は、開業医の叔父の林従吾のもとで養われる。
まもなく、姉のなお(きよ)は仙台藩の江戸屋敷に奉公するようになり、仙台藩5代藩主伊達吉村の侍女として仕えた。
なお(きよ)はその容姿と心ばえが吉村に愛され、やがて、仙台藩6代藩主となる伊達宗村の側室に抜擢され、お清の方と呼ばれるようになった。
お清の方は一男一女を授かり、男子はのちの三河刈谷藩主土井利信の養嗣子となる土井利置、女子は出雲松江藩主松平治郷の正妻となる方子(青楽院)である。

江戸時代の人。『海国兵談』を著してロシアの脅威を説いたが、寛政の改革を行った松平定信に弾圧された。 (引用元 Hatena Keyword)