芸能人・経営者のおくやみ情報

英一蝶(はなぶさいっちょう)

絵師[日本]

(享保9年1月13日没)

1724年 2月7日 死去享年73歳

英一蝶 - ウィキペディアより引用

英 一蝶(はなぶさ いっちょう、承応元年(1652年) - 享保9年1月13日(1724年2月7日))は、日本の江戸時代中期(元禄期)の画家、芸人。
本姓は藤原、多賀氏、諱を安雄(やすかつ?)、のちに信香(のぶか)。
字は君受(くんじゅ)。
幼名は猪三郎(いさぶろう)、次右衛門(じえもん)、助之進(すけのしん。
もしくは、助之丞[すけのじょう])。
剃髪後に多賀朝湖(たが ちょうこ)と名乗るようになった。
俳号は暁雲(ぎょううん)、狂雲堂(きょううんどう)、夕寥(せきりょう)。
名を英一蝶、画号を北窓翁(ほくそうおう)に改めたのは晩年になってからであるが、本項では「一蝶」で統一する。
なお、画号は他に翠蓑翁(すいさおう)、隣樵庵(りんしょうあん)、牛麻呂、一峰、旧草堂、狩林斎、六巣閑雲などがある。
生涯 承応元年(1652年)、多賀伯庵(たが はくあん)の子として京都で生まれる。
父・伯庵は伊勢亀山藩の侍医(藩お抱えの国許の医師)であったが、一蝶が15歳の頃(異説では8歳の頃)、藩主の石川憲之に付き従っての江戸詰めが決まり、一家で江戸へ転居する。