訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

蜂須賀茂韶

徳島藩主政治家、侯爵[日本]

1918年 2月10日 死去享年74歳

蜂須賀茂韶 - ウィキペディアより引用
蜂須賀 茂韶(はちすか もちあき)は、江戸時代末期の大名。
阿波国徳島藩の第14代(最後)の藩主。
文部大臣、東京府知事、貴族院議長を歴任した。
第13代藩主・蜂須賀斉裕(第11代将軍・徳川家斉の22男)の次男。
母は鷹司標子。
幼名は氏太郎。
のちに従兄弟で第14代将軍の徳川家茂より偏諱を賜り、茂韶と名乗る。
慶応4年(1868年)1月、父の急死により家督を継ぐ。
しかし斉裕の死が鳥羽・伏見の戦いの最中であったことから、藩内は大混乱をきたした。
その後の戊辰戦争では新政府側に与して奥羽にも兵を送ったが、相次ぐ藩内の混乱のため、新式のイギリス軍備を導入していたにもかかわらず少数の藩兵しか送れず、諸藩からの冷評を受けたとまで言われている。
明治維新後はオックスフォード大学に留学した。
明治15年(1882年)から同19年(1886年)まで駐フランス公使(スペイン・ベルギー・スイス・ポルトガル公使も兼務)。
帰国後、第11代東京府知事(1890年 - 1891年)、第2代貴族院議長(1891年 - 1896年)、文部大臣等を務め、麝香間祗候の待遇を受ける。
題名
お殿様、外交官になる 明治政府のサプライズ人事(祥伝社新書)
著者
熊田忠雄
発売元
祥伝社
発売日
2017-12-04
新品価格
¥ 907 より
中古商品
¥ 600 より

↑ PAGE TOP