芸能人・経営者のおくやみ情報

長谷川かな女 氏

俳人[日本]

1969年 9月22日 死去肺炎享年83歳

長谷川かな女 - ウィキペディアより引用
長谷川かな女(はせがわ かなじょ、1887年10月22日-1969年9月22日)は、日本の俳人。
本名はカナ。
東京日本橋出身。
私立松原小学校卒業後、小松原塾で学ぶ。
1903年、三井家に行儀見習いで入るが心臓の病気により辞す。
1909年、英語の家庭教師でホトトギスの俳人だった富田諧三(のちの長谷川零余子)と結婚。
みずからも句作を始め、1913年、高浜虚子が女性俳人育成のために始めた婦人俳句会「婦人十句集」の幹事役をつとめる。
杉田久女とともに大正期を代表する女流俳人といわれた。
1921年、夫零余子が「枯野」を創刊、主宰を助ける。
1928年に零余子死去、直後に新宿柏木の自宅が全焼し、埼玉県浦和市(現在のさいたま市)に転居。
また夫の俳誌を「ぬかご」と改題し水野六山人と雑詠選に当たるが、対立が起こったため、1930年に俳誌「水明」を創刊、没年まで主宰した。
1966年、紫綬褒章受章。
浦和市(現さいたま市)名誉市民。
1969年9月22日、自宅で老衰による肺炎で死去。
81歳。
2013年11月、「水明」通巻1000号を記念して、俳句、随筆のすべてを収めた「長谷川かな女全集」が東京四季出版より刊行された。

「長谷川かな女」と関連する人物(故人)