芸能人・経営者のおくやみ情報

ハーマン・メルヴィル

作家[アメリカ]

1891年 9月28日 死去享年歳

ハーマン・メルヴィル - ウィキペディアより引用

ハーマン・メルヴィル(Herman Melville、1819年8月1日 - 1891年9月28日)は、アメリカの作家、小説家。
ニューヨーク出身。
代表作は『白鯨』など。
ニューヨークの裕福な輸入商の三男として生まれる。
11歳の頃家の経済状態が悪くなり母の実家オルバニーに移り住み、2年後父が多額の借金を残し死亡する。
ハーマンは学校を中退しニューヨーク州立銀行で働く。
16歳で教員の資格を取ったのち小学校の教員を務め、また測量土木の技師を志すが、家計が逼迫し、債権者の目を逃れるためランシンバークに夜逃げする。
ここでも生活が成り立たなくなり、止む無く1839年に兄の紹介で船員となる。
1840年、捕鯨船アクシュネット号の乗組員となり、翌年太平洋へ航海、きびしい環境に嫌気が差し1842年7月9日、マルケサス諸島のヌク・ヒバ島で仲間と脱走、先住民タイピー族に出会う。
8月にオーストラリアの捕鯨船ルーシー・アン号に救われるが、タヒチ島で乗組員の暴動に巻き込まれイギリス領事館に逮捕される。

ハーマン・メルヴィル(Herman Melville, 1819-1891) 小説家、詩人  1819年8月1日、ニューヨークの裕福な名家に生まれる。11歳の時に貿易商の父の店が傾き、母の実家を頼ってニューヨークを去るも、13歳の時に多額の負債を残して父が死去、学校を辞めて働き始める。18の時には恐慌の折に兄の店が倒産、小学校の教員などになるも家計はどうしようもなく破綻しており、1841年1月3日(21歳)の時ついに捕鯨船アクシュネット号に乗り、一船員としてニューベッドフォードから航海に出る。船長の横暴に耐えかねて、一年半の航海を経て立ち寄った南太平洋マルケサス諸島にて仲間とともに脱走、人喰い人種(と当時信じられていた)タイピー族の部落に保護され三週間ほどの期間を彼らと過ごす。タイピー族の元を去った後、別の捕鯨船に乗り込みタヒチに行くが、タヒチの英国領事館に船長反逆罪で逮捕される。領事館を脱走し再び原住民の元に逃げ込む。数週間をそこで暮らした後、捕鯨船に拾われてハワイへ、ハワイで合衆国海軍の船に二等水兵として乗り込み、1844年10月(25歳)米国に帰還する。  1846年2月(26歳)、タイピー族部落で暮らした体験を元に第一作『タイピー』を出版する。大好評を博すが当時の受け取られ方は、人喰い人種の中で暮らした白人の実話、あるいは南太平洋地域の観光案内というものであった。この評判はメルヴィルの作家生活にずっとつきまとうことになる。ともかくも商業的成功をおさめたため、1847年3月(27歳)、今度はタヒチでの体験を元にして次作『オムー』出版。こちらもよく売れる。この年に結婚する。  1849年、第三作 …… (引用元 Hatena Keyword)

「ハーマン・メルヴィル」と関連する人物(故人)