芸能人・経営者のおくやみ情報

ベンジャミン・フランクリン

政治家、著述家、物理学者気象学者[アメリカ]

1790年 4月17日 死去享年84歳

ベンジャミン・フランクリン - ウィキペディアより引用

ベンジャミン・フランクリン(英語: Benjamin Franklin, グレゴリオ暦1706年1月17日<ユリウス暦1705年1月6日> - 1790年4月17日)は、アメリカ合衆国の政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者。
印刷業で成功を収めた後、政界に進出しアメリカ独立に多大な貢献をした。
また、凧を用いた実験で、雷が電気であることを明らかにしたことでも知られている。
現在の米100ドル紙幣に肖像が描かれている他、ハーフダラー銀貨にも1963年まで彼の肖像が使われていた。
勤勉性、探究心の強さ、合理主義、社会活動への参加という18世紀における近代的人間像を象徴する人物。
己を含めて権力の集中を嫌った人間性は、個人崇拝を敬遠するアメリカの国民性を超え、アメリカ合衆国建国の父の一人として讃えられる。
『フランクリン自伝』はアメリカのロング・ベストセラーの一つである。
家族と生い立ち ベンジャミン・フランクリンの父親、ジョサイア・フランクリンは1657年12月23日にイングランド王国のノーザンプトンシャー、エクトンで鍛冶屋および農民のトマス・フランクリンと妻のジェーン・ホワイトの間に生まれた。

Benjamin Franklin(1706年?1月17日〜1790年4月17日) アメリカの文筆家で科学者で政治家。独立の父祖の一人にして、アメリカ資本主義精神の権化。 凧を使った実験で、雷が電気であることを明らかにした。 アメリカ合衆国の100ドル紙幣に肖像が使われている。 (引用元 Hatena Keyword)