芸能人・経営者のおくやみ情報

徽宗(きそう)

北宋第8代皇帝[北宋]

(紹興5年4月21日没)

(ユリウス暦) 1135年 6月4日 死去享年54歳

徽宗 - ウィキペディアより引用
『徽宗 (宋)』より : 徽宗(きそう)は、北宋の第8代皇帝。
諡号は体神合道駿烈遜功聖文仁徳憲慈顕孝皇帝(退位したので「遜」(ゆずる)という文字が入っている)。
諱は佶。
第6代皇帝神宗の六男(第11子)。
芸術面では北宋最高の一人と言われる。
生涯 即位と治世 元符3年(1100年)、兄哲宗が嗣子のないまま25歳で崩御したため、弟である趙佶が皇帝に即位した。
宰相章惇ら重臣は趙佶の皇帝としての資質に疑念を抱いていたため他の皇子(簡王趙似など)を皇帝に推したが、皇太后向氏の意向により趙佶に決まったとされている。
治世当初は向氏が垂簾聴政を行ったとされ、章惇・蔡卞ら哲宗時代の急進的な新法派を退け、旧法派の韓忠彦と穏健新法派の曾布を起用、彼らは新法・旧法両派から人材を登用して新法旧法の争いを収め、福祉政策を充実させるなど漸進的な改革を進めた(通説ではこれらの政策は向氏の策とされているが、徽宗自身の構想とする異説もある)。