芸能人・経営者のおくやみ情報

藤原信頼

貴族[日本]

(平治元年12月27日没)

(ユリウス暦) 1160年 2月6日 死去斬首享年27歳

藤原 信頼(ふじわら の のぶより)は、平安時代末期の公卿。
後白河天皇の寵臣として絶大な権力をふるうが、同じく上皇の近臣であった信西と対立。
源義朝と平治の乱を起こし信西を斬首し、朝廷の最大の実力者となるが、二条天皇親政派と組んだ平清盛に敗北。
六条河原で斬首された。
生涯 鳥羽院の近臣・藤原忠隆の四男(または三男)として生まれる。
天養元年(1144年)叙爵し、久安2年(1146年)従五位上に進む。
久安4年(1148年)に土佐守、久安6年(1150年)に武蔵守と、父の知行国の受領を歴任。
仁平元年(1151年)には正五位下に進み、翌仁平2年(1152年)には右兵衛佐、久寿2年(1155年)には従四位下・武蔵守に任ぜられる。
後白河天皇に近侍するや、周囲から「あさましき程の寵愛あり」といわれるまでの寵臣となる。
保元2年(1157年)、右近衛権中将より蔵人頭・左近衛権中将に任ぜられ従四位上から正四位下、翌・保元3年(1158年)に正四位上・皇后宮権亮を経て従三位より同年2月に26歳の若さで正三位・参議になり公卿に列せられる。

ふじわらののぶより [生]長承2(1133)[没]平治1(1159).12.27.平安時代後期の廷臣。関白道隆の8世の孫。従三位大蔵卿忠隆の3男。母は民部卿顕頼の娘。久安2(1146)年従五位上,仁平1(51)年正五位下,久寿2(55)年従四位下。無能だったが,後白河天皇の寵を得て,保元2(57)年右近衛権中将,従四位上,次いで正四位下,左近衛権中将,蔵人頭と累進し,翌3年正四位上,参議,従三位に昇り,さらに左兵衛督,権中納言,正三位,検非違使別当,右衛門督となった。翌平治1(59)年藤原通憲を除こうとして,源義朝と結託して謀反を起したが,追討宣旨を下され,斬首された。(→保元・平治の乱) (引用元 コトバンク)