芸能人・経営者のおくやみ情報

谷干城(たにたてき)

土佐藩士陸軍中将、政治家、子爵[日本]

1911年 5月13日 死去享年75歳

谷干城 - ウィキペディアより引用
谷 干城(たに たてき / かんじょう、天保8年2月12日(1837年3月18日) - 明治44年(1911年)5月13日)は、幕末から明治にかけて活躍した、土佐藩士、軍人、政治家。
通称は申太郎、守部。
号は隈山。
第2代学習院院長。
東京学士会院会員、後に帝国学士院会員。
位階勲等爵位は陸軍中将正二位勲一等子爵。
熊本鎮台司令長官であった西南戦争において、熊本城攻防戦を指揮したことで知られる。
生涯 生い立ち 天保8年(1837年)、儒学者・谷景井(萬七)の四男として土佐国高岡郡窪川に生まれた。
三人の兄が相次いで夭逝したので総領息子となる。
のち、父・景井が土佐藩の上士(小姓組格・武道師範)として取り立てられる。
安政6年(1859年)、江戸へ出て安井息軒、安積艮斎の弟子となり、帰国した後は藩校致道館で史学助教授となった。
文久元年(1861年)、武市半平太と知り合って尊王攘夷に傾倒する。
慶応2年(1866年)の長崎視察の際、後藤象二郎や坂本龍馬と交わる。
倒幕に参加 慶応3年(1867年)5月21日、中岡慎太郎の仲介によって、板垣退助や毛利吉盛とともに京都の小松帯刀邸で、薩摩藩の西郷隆盛や吉井幸輔と会い、薩土討幕の密約(※薩土盟約とは異なる)を結んで武力討幕を目指した。