訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

竹内栖鳳(たけうちせいほう)

日本画家[日本]

(帝室技芸員)

1942年 8月23日 死去享年79歳

竹内栖鳳 - ウィキペディアより引用
竹内 栖鳳(たけうち せいほう、1864年12月20日(元治元年11月22日) - 1942年(昭和17年)8月23日)は、戦前の日本画家。
近代日本画の先駆者で、画歴は半世紀に及び、戦前の京都画壇を代表する大家である。
帝室技芸員。
第1回文化勲章受章者。
本名は恒吉。
最初は棲鳳と号した。
霞中庵の号もある。
動物を描けば、その匂いまで描くといわれた達人であった。
画歴 京都御池通油小路の川魚料理屋「亀政」の長男として生まれる。
1877年(明治10年)に四条派の土田英林に絵を習い始めるが、1881年(明治14年)の17歳の時に同派の名手として知られた幸野楳嶺の私塾へ正式に入門する。
この頃から頭角を現し、翌年には私塾の工芸長となり、「楳嶺四天王」(栖鳳と都路華香、谷口香嶠、菊池芳文の高弟4名を指す)の筆頭と呼ばれるようになる。
1887年(明治20年)、23歳の時に結婚し、これを機に絵師として独立する。
同年、京都府画学校(現:京都市立芸術大学)修了。
1889年(明治22年)には京都府画学校に出仕し、京都の若手画家の先鋭として名をあげてゆく。