芸能人・経営者のおくやみ情報

高村智恵子(たかむらちえこ)

画家[日本]

(高村光太郎の妻)

1938年 10月5日 死去肺結核享年52歳

高村智恵子 - ウィキペディアより引用

高村 智恵子(たかむら ちえこ、1886年(明治19年)5月20日 - 1938年(昭和13年)10月5日、旧姓:長沼)は、日本の洋画家、紙絵作家。
夫は彫刻家・詩人の高村光太郎。
夫の光太郎が彼女の死後に出版した詩集『智恵子抄』でも知られる。
1886年(明治19年)5月20日、福島県安達郡油井村字漆原(現・二本松市油井)の酒造業・斎藤今朝吉(後に長沼家に養子に入り、長沼今朝吉となる)とせんの二男六女の長女として生まれた。
戸籍名は「チヱ」。
長沼家は清酒「花霞」を醸造する酒造家で、使用人を多数抱えた資産家であった。
1901年(明治34年)に油井小学校高等科を卒業したのち福島高等女学校3年へ編入学した。
1903年(明治36年)、同校を総代として卒業して日本女子大学校へと進んだ。
寮生として同校に入学した智恵子は普通予科を経て家政学部へと進んだが、在学中に油絵に興味を持つようになり、自由選択科目の洋画の授業ばかりを受けていたという。

たかむら-ちえこ 1886-1938明治-昭和時代前期の洋画家。明治19年5月20日生まれ。太平洋絵画研究所にまなぶ。青鞜(せいとう)社に参加し,雑誌「青鞜」創刊号の表紙をえがく。大正3年高村光太郎と結婚。昭和6年ごろから統合失調症(精神分裂病)となり,療養生活をおくる。療養中おおくの紙絵を制作。昭和13年10月5日死去。53歳。福島県出身。日本女子大卒。旧姓は長沼。本名は智恵。 (引用元 コトバンク)

「高村智恵子」と関連する人物(故人)