訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

高村光雲(たかむらこううん)

仏師、彫刻家[日本]

1934年 10月10日 死去享年83歳

高村光雲 - ウィキペディアより引用
高村 光雲(たかむら こううん、1852年3月8日(嘉永5年2月18日) - 1934年(昭和9年)10月10日)は、日本の仏師、彫刻家。
幼名は光蔵。
高村光太郎、高村豊周は息子。
写真家の高村規は孫。
江戸下谷(現・台東区)に町人・兼吉の子として生まれる。
1863年(文久3年)から仏師の高村東雲の元に徒弟となる。
後に東雲の姉・エツの養子となり、高村姓となる。
明治維新以後は廃仏毀釈運動の影響で、仏師としての仕事はなく、輸出用の象牙彫刻が流行したために木彫も衰え、光雲自身の生活も苦しかった。
そのような中で光雲は木彫に専念、積極的に西洋美術を学び、衰退しかけていた木彫を写実主義を取り入れることで復活させ、江戸時代までの木彫技術の伝統を近代につなげる重要な役割を果たした。
1889年(明治22年)から東京美術学校に勤務、翌年に彫刻科教授、同年10月2日、帝室技芸員に任ぜられる。
1893年(明治26年)には『老猿』をシカゴ万博に出品。
1900年(明治33年)には『山霊訶護』をパリ万博に出品。
1926年(大正15年)に東京美術学校を退職し、名誉教授。
題名
幕末維新懐古談 (岩波文庫)
著者
高村光雲
発売元
岩波書店
発売日
1995-01-17
新品価格
¥ 1,231 より
中古商品
¥ 1 より
題名
『高村光雲・高村光太郎全集・112作品⇒1冊』
著者
高村光雲
発売元
高村光雲・高村光太郎全集・出版委員会
発売日
2015-03-15
新品価格
より
中古商品
より
題名
高村光雲―木彫七十年 (人間の記録)
著者
高村光雲
発売元
日本図書センター
発売日
2000-10-25
新品価格
¥ 1,944 より
中古商品
¥ 975 より
題名
木彫 高村光雲―高村規全撮影
著者
高村規
発売元
中教出版
発売日
1999-09
新品価格
より
中古商品
¥ 22,000 より
題名
佐竹の原へ大仏をこしらえたはなし
著者
高村光雲
発売元
発売日
2012-10-01
新品価格
より
中古商品
より
題名
幕末維新懐古談 19 上野戦争当時のことなど
著者
高村光雲
発売元
発売日
2012-10-04
新品価格
より
中古商品
より
題名
幕末維新懐古談 22 徴兵適齢のはなし
著者
高村光雲
発売元
発売日
2012-10-04
新品価格
より
中古商品
より
題名
幕末維新懐古談 全79編
著者
高村光雲
発売元
サキ出版
発売日
2014-03-16
新品価格
より
中古商品
より
題名
幕末維新懐古談 68 楠公銅像の事
著者
高村光雲
発売元
発売日
2012-10-04
新品価格
より
中古商品
より
題名
文士達が語る「江戸から東京へ」随筆選第2集―「内藤鳴雪自叙伝」「幕末維新回顧談」 (響林社文庫)
著者
発売元
響林社
発売日
2015-02-06
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP