芸能人・経営者のおくやみ情報

高野長英(たかのちょうえい)

蘭学者[日本]

(嘉永3年10月30日没)

1850年 12月3日 死去享年47歳

高野長英 - ウィキペディアより引用

高野 長英(たかの ちょうえい、文化元年5月5日(1804年6月12日) - 嘉永3年10月30日(1850年12月3日))は、江戸時代後期の医者・蘭学者。
通称は悦三郎、諱は譲(ゆずる)。
号は瑞皐(ずいこう)。
実父は後藤実慶。
養父は叔父・高野玄斎。
江戸幕府の異国船打払令を批判し開国を説くが、弾圧を受け死去した。
1898年(明治31年)7月4日)、その功績により正四位を追贈された。
主著に『戊戌夢物語』『わすれがたみ』『三兵答古知機』など。
また、オランダ語文献の翻訳作業も多く行っている。
生涯 誕生 陸奥国仙台藩の一門である水沢領主水沢伊達氏家臣・後藤実慶の三男として生まれる。
養父の玄斎は江戸で杉田玄白に蘭法医術を学んだことから家には蘭書が多く、長英も幼いころから新しい学問に強い関心を持つようになった。
文政3年(1820年)、江戸に赴き杉田伯元や吉田長淑に師事。
この江戸生活で吉田長淑に才能を認められ、師の長の文字を貰い受けて「長英」を名乗った。
シーボルト事件 文政3年(1820年)、父の反対を押し切り出府して、長崎に留学してシーボルトの鳴滝塾で医学・蘭学を学び、その抜きん出た学力から塾頭となっている。

文化元年5月5日(1804年6月12日)〜嘉永3年10月30日(1850年12月3日) 日本の江戸時代後期の医者。蘭学者。通称は悦三郎で諱は譲。号は瑞皐。 江戸幕府の異国船打払令を批判し開国を説くが、蛮社の獄による弾圧を受け獄死した。 (引用元 Hatena Keyword)