訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

高久靄崖(たかくあいがい)

文人画家[日本]

(天保14年4月8日没)

1843年 5月7日 死去享年48歳

高久靄崖 - ウィキペディアより引用
高久 靄厓(たかく あいがい、寛政8年(1796年) - 天保14年4月8日(1843年5月7日))江戸時代後期の文人画家。
下野那須郡杉渡戸(現 栃木県那須塩原市黒磯)に生まれる。
諱は徴、字は遠々のちに子遠、通称秋輔。
号は靄厓のほかに石窟、如樵、石窠学、梅斎、疎林外史、学梅斎、晩成山房など。
略伝 靄厓は、幼少の頃より画才の片鱗を示し8歳頃に画いた天神像の板木が残されている。
馬方や煙草職人をする傍ら、18歳で黒羽藩画員の小泉斐に入門。
続いて郷里の壬生藩御用絵師平出雪耕に就いて書画を学ぶ。
その後、下野鹿沼に移り、池大雅や伊孚九に私淑し文人画を独学した。
やがて鹿沼の儒医松本松亭に画才を認められ、その親族である鈴木水雲、大谷渓雲、山口安良、柿沼廣運らの庇護を受ける。
支援者に勧められて仙台に遊歴すると、ここでも仙台藩士一条正道の庇護を受ける。
このほかにも葛生の吉澤松堂・佐野の須藤蘭圃、古賀志の北條翠峨らが支援者となっている。
文政6年(1823年)27歳のときついに江戸に出ると、鹿沼の支援者たちの縁戚にあたる菊池淡雅から惜しみない援助を得られた。

「高久靄崖」と関連する人物(故人)

池大雅 渡辺崋山 椿椿山 谷文晁 岡田半江

↑ PAGE TOP