芸能人・経営者のおくやみ情報

ウォルター・スコット

スコットランドの詩人作家[イギリス]

1832年 9月21日 死去享年61歳

ウォルター・スコット - ウィキペディアより引用

初代准男爵、サー・ウォルター・スコット(Sir Walter Scott, 1st Baronet, 1771年8月15日 - 1832年9月21日)は、スコットランドの詩人、作家。
ロマン主義作家として歴史小説で名声を博し、イギリスの作家としては、存命中に国外でも成功を収めた、初めての人気作家といえる。
生涯と作品 生い立ち 1771年、エディンバラに生まれる。
父は同名のウォルター・スコットという弁護士、母はエディンバラ大学医学部教授の娘で、ウォルターは12人兄弟の9番目だったが、兄弟のうち6人は幼くして亡くなっている。
幼時3歳の時に小児麻痺で左足を不自由にし、療養のためロクスバーグ州のスメイルホルムという農村にある大きな農場を持つ祖父母の家で過ごし、このスコティッシュ・ボーダーズ地域で古い史譚や、祖母の語って聞かせるバラッドを楽しみとし、また読み書きを学び、読書にも親しんだ。

Sir Walter Scott (1771-1832) スコットランドを代表する小説家、詩人。 代表作は、義賊ロビン・フッドも活躍する『アイヴァンホー?』。『アイヴァンホー』は、日本の大衆小説を含む、各国の歴史小説に大きな影響を与えた。また、「ラマムーアの花嫁」(ドニゼッティの「ランメルモールのルチア」)、「湖上の美人」と「アイヴァンホー」(ロッシーニ)、「パースの美しい娘」(ジョルジュ・ビゼー)といった散文詩がオペラとなった。 (引用元 Hatena Keyword)