訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

高松英郎 氏(たかまつひでお)

俳優[日本]

2007年 2月27日 死去心筋梗塞享年79歳

高松 英郎(たかまつ ひでお、本名;武市 哲郎、1929年(昭和4年)10月24日 - 2007年(平成19年)2月26日)は、日本の俳優。
高知県長岡郡大篠村(現:南国市)生まれ。
早稲田中学卒業。
人物・来歴 小学校教員の息子として誕生。
幼少時に東京都杉並区に移り、1947年に早稲田中学卒業、鎌倉アカデミア演劇科に入学。
在学中は舞踏家檜健次のもとで創作舞踊に打ち込んだ。
1951年、大映に「第5期ニューフェイス」として入社(同期は南田洋子、若尾文子)。
1953年に『怒れ三平』にて若尾の恋人役でスクリーンデビュー。
初期は恋愛映画への出演が多かったが、徐々に悪役で持ち味を発揮。
『巨人と玩具』での猛烈サラリーマン役を演じて注目を浴びた。
1962年の『黒の試走車』では一癖も二癖もある自動車会社の部長役、『しとやかな獣』では欲望丸出しの人間臭い役どころを演じ、演技派としての地位を築いた。
1962年、大映を退社後はテレビドラマを中心に活動。
1969年の『柔道一直線』では「講道館の鬼車」こと車周作役を演じ、これが生涯の当たり役となった。