芸能人・経営者のおくやみ情報

ハドリアヌス

第14代ローマ皇帝[ローマ帝国]

(ユリウス暦) 0138年 7月10日 死去享年62歳

ハドリアヌス - ウィキペディアより引用

プブリウス・アエリウス・トラヤヌス・ハドリアヌス(古典ラテン語: Publius Aelius Trajanus Hadrianus (プーブリウス・アエリウス・トライヤーヌス・ハドリアーヌス)、76年1月24日 - 138年7月10日)は、第14代ローマ皇帝(在位:117年 - 138年)。
ネルウァ=アントニヌス朝の第3代目皇帝。
帝国各地をあまねく視察して帝国の現状把握に努める一方、トラヤヌス帝による帝国拡大路線を放棄し、現実的判断に基づく国境安定化路線へと転換した。
治世・歴史的評価 皇帝即位からローマ帰還まで ハドリアヌスはローマで生まれた(原籍があるヒスパニア・バエティカのイタリカで生まれたとの説もある)。
トラヤヌスの従兄弟の子である。
93年(または94年)、二十人委員の職に就き、民生関係の修行をした。
ついで、パンノニア、下部モエシア及び上部ゲルマニア各属州で高級軍団将校を務める。
その後101年、元首財務官に就任、トラヤヌスの秘書を務める。
皇帝の演説を元老院で代読したのは、この時のことである。

Publius Aelius Traianus Hadrianus(紀元76年1月24日〜紀元138年7月10日) ローマ皇帝。五賢帝の三人目。 先代トラヤヌス帝のいとこの子にあたる。 在位の間のほとんどを帝国領内の巡行に費やし、各地の政治や軍事の整備に努めた。 イギリス(ブリテン島)北部には、彼が防衛線として建設したハドリアヌスの城壁が遺跡として残っている。 最終タイトルはImperator Caesar Traianus Hadrianus Augustus, Pontifex Maximus, Tribuniciae Potestatis XXII, Imperator II, Consul III, Pater Patriae*1 (引用元 Hatena Keyword)

「ハドリアヌス」と関連する人物(故人)