芸能人・経営者のおくやみ情報

川村二郎 氏

ドイツ文学者[日本]

2008年 2月7日 死去心筋梗塞享年80歳

川村 二郎(かわむら じろう、1928年1月28日 - 2008年2月7日)は、日本のドイツ文学者、文芸評論家。

愛知県名古屋市に、陸軍軍人川村宇一の次男として生まれる。
父の転勤で、静岡、東京、金沢、朝鮮光州、名古屋と転々とし、愛知県立熱田高等学校 熱田中学校から第八高等学校 (旧制) 第八高等学校在学中に敗戦を迎え、1950年東京大学独文科卒業、愛知学芸大学助手、1952年講師、1953年名古屋大学教養部講師、1957年、篠田一士の誘いで丸谷才一らの同人誌『秩序』に参加、1958年助教授、1960年東京都立大学人文学部助教授となる。

ヘルマン・ブロッホ ブロッホ、ロベルト・ムージル ムージルなどの翻訳の一方、「保田與重郎論」(1966年)で文藝評論家としてデビュー。

かわむら-じろう 1928-2008昭和後期-平成時代のドイツ文学者,文芸評論家。昭和3年1月28日生まれ。昭和35-平成3年都立大教授。ドイツ-ロマン派を中心に東西の文学や思想に通じ,文芸評論家としても知られる。昭和44年「限界の文学」で亀井勝一郎賞,58年「内田百閒(ひゃっけん)論」で読売文学賞。平成12年芸術院賞。近代ドイツ文学の翻訳もおおい。17年芸術院会員。平成20年2月7日死去。80歳。愛知県出身。東大卒。 (引用元 コトバンク)