訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

赤松満祐(あかまつみつすけ)

守護大名[日本]
(「嘉吉の乱」で、将軍・足利義教を謀殺、嘉吉元年9月10日没)
(ユリウス暦) 1441年 9月25日 死去自害享年61歳
赤松 満祐(あかまつ みつすけ)は、室町時代中期の武将、守護大名である。
室町幕府侍所頭人、播磨・備前・美作守護。
赤松義則の嫡男。
兄弟に義雅、祐尚(祐之)、則繁など。
従兄弟に有馬持家、満政。
子に教康。
生年は文中2年/応安6年(1373年)説もある。
生涯 家督相続 赤松義則の子として生まれ、元服時に室町幕府第3代将軍・足利義満より偏諱の授与を受けて満祐と名乗る。
父の代理として早くから政治の表舞台にあり、第4代将軍・足利義持(義満の嫡男)の代になって、応永18年(1411年)から応永20年(1413年)に侍所頭人を務めた。
また応永21年(1414年)からは父に次いで左京大夫に叙任され、守護職を代行している。
応永34年(1427年)に亡くなった父の跡を継いだが、前将軍・義持(当時の将軍は第5代義量)が満祐の所領である播磨を没収して寵愛する側近の赤松持貞(満祐の又従兄弟)に与えようとすると、満祐は京都の自邸を焼き払って領国の播磨へ下り、一族を集めて合戦の準備を始めた。
題名
赤松円心・満祐 (人物叢書)
著者
高坂好
発売元
吉川弘文館
発売日
1988-08-01
新品価格
¥ 2,376 より
中古商品
¥ 1,300 より
題名
赤松円心・満祐 (1970年) (人物叢書〈155 日本歴史学会編〉)
著者
高坂好
発売元
吉川弘文館
発売日
1970
新品価格
より
中古商品
¥ 1,033 より
題名
ビジュアル ライバルで読む日本史
著者
発売元
世界文化社
発売日
2012-04-11
新品価格
¥ 2,268 より
中古商品
¥ 640 より
題名
明治年間東日記・二張弓千種重藤・赤松満祐梅白旗
著者
河竹黙阿弥
発売元
吉村いと
発売日
1889
新品価格
より
中古商品
より
題名
明治年間東日記・二張弓千種重藤・赤松満祐梅白旗
著者
河竹黙阿弥
発売元
吉村いと
発売日
1889-01-01
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP