訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

山本正 氏

日本国際交流センター理事長[日本]

2012年 4月15日 死去胆嚢がん享年76歳

山本 正之(やまもと まさゆき、1951年7月11日 - )は日本のシンガーソングライター、ミュージシャン、俳優、声優。
愛知県安城市出身。
愛知県立西尾高等学校卒業。
駒澤大学卒業。
1974年、プロ野球中日ドラゴンズ応援歌『燃えよドラゴンズ!』で作詞・作曲デビュー、同年『ドラゴンズよありがとう』で歌手デビューを果たす。
その後、ヒットソング『うぐいすだにミュージックホール』や『ひらけ!チューリップ』などの作詞・作曲を手がけ、テレビアニメ『タイムボカン』の音楽を担当したのが切っ掛けで、1970年代後半から1980年代前半にかけて、テレビや企画物の曲を数多く世に送り出した。
1983年に初のオリジナルライブを行い、以降ライブ活動にも力を入れている。
主に歌手としてはやまもとまさゆき、山本まさゆきなどの芸名を使用し、作詞、作曲家としては本名、または遠田美穂などを使用している。
音楽以外では、劇団「山本正之プレゼンツ」での舞台演出も手掛けている。
作風 楽曲の中には、テーマに沿って意図的にメロディを流用したり、没になった曲を別の曲に変えて発表しているものが多い。

山本 正氏(やまもと・ただし=日本国際交流センター理事長)15日午前0時23分、胆のうがんのため東京都港区の病院で死去、76歳。東京都出身。自宅は目黒区下目黒5の28の13。葬儀は18日午後1時半から千代田区麹町6の5の1の聖イグナチオ教会で。喪主は長男太郎(たろう)氏。 日米財界人の民間交流に尽力し、70年に日本国際交流センターを設立。日米関係民間会議(下田会議)などの運営に当たった。また、「人間の安全保障」概念の普及を進め、10年には鳩山由紀夫首相(当時)の諮問機関「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」の委員を務めた。