芸能人・経営者のおくやみ情報

待賢門院璋子(たいけんもんいんたまこ)

鳥羽天皇の中宮[日本]

(崇徳・後白河両天皇の母、久安元年8月22日没)

(ユリウス暦) 1145年 9月10日 死去享年45歳

待賢門院璋子 - ウィキペディアより引用

『待賢門院』より : 藤原 璋子(ふじわら の しょうし / たまこ、康和3年(1101年) - 久安元年8月22日(1145年9月10日))は、平安後期の国母。
鳥羽天皇の中宮で、崇徳・後白河両天皇の母。
女院号は待賢門院(たいけんもんいん)。
系譜 閑院流藤原氏の出身。
父は正二位行権大納言・藤原公実、母は左中弁・藤原隆方の女で堀河・鳥羽両代の乳母・光子。
太政大臣・実行(三条家祖)は異母兄、権中納言・通季(西園寺家祖)、左大臣・実能(徳大寺家祖)、大炊御門経実室・公子(二条天皇の外祖母)らは同母兄姉。
幼少時より、時の治天の君・白河法皇とその寵姫・祇園女御に養われた。
7歳の時に実父・公実を失う。
永久3年(1115年)頃、摂関家の嫡男・藤原忠通との縁談が持ち上がったが、璋子の素行に噂があったため忠通の父・忠実は固辞し、白河院の不興を買った。
永久5年(1117年)12月13日、白河院を代父として、父方の従弟・鳥羽天皇に入内、4日後には女御の宣旨を蒙った。
1ヶ月ばかり経った元永元年(1118年)正月26日、立后され中宮を号す。