訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

榎本喜八 氏

プロ野球選手[日本]

(「安打製造機」)

2012年 3月14日 死去大腸がん享年75歳

榎本喜八 - ウィキペディアより引用
榎本 喜八(えのもと きはち、1936年12月5日 - 2012年3月14日)は、東京都中野区出身のプロ野球選手(一塁手)。
現役時代はオリオンズの中心選手として長きにわたって活躍した。
「安打製造機」の異名を最初に取った選手である。
1000本安打・2000本安打の最年少記録を保持し、数々の高卒新人記録も持つ。
生い立ち 1936年、農家の家庭に生まれる。
祖父は新八、父は八雄、弟は省八、先祖は八十八、八佐衛門など、榎本家には男の子には全て「八」の字を付ける習慣があり、喜八という名前が付けられた。
1941年、5歳の時に太平洋戦争が勃発。
集団疎開に出発する日、33歳の母親が病死する。
戦争に出征した父親は、終戦後もシベリア抑留され、しばらく帰ってこなかった。
そのため、祖母と幼い弟と3人暮らしをしていた幼少時代の榎本は、極貧に苦しむこととなる。
雨漏りを放っておくと屋根に穴が開き、寝室には雨が降ってきたという。
畳には茸が生え、家の中で傘を差して立ったまま朝を迎えた日もあった。
電車に乗ることもできず、当時は近所を走る西武電車に乗ることに憧れていたという。

プロ野球の毎日(現ロッテ)で中心打者として活躍し、「安打製造機」と呼ばれた榎本喜八さんが14日午前2時4分、大腸がんのため東京都内の病院で死去した。75歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。 東京・早稲田実高で1954年の甲子園大会に春夏連続出場。翌55年にテストを受けて毎日入りし、高卒新人で開幕戦に5番で出場、この年打率2割9分8厘、16本塁打で新人王に輝いた。 その後、「安打製造機」と称された高い打撃技術を持つ一塁手として、「ミサイル打線」の異名を取ったオリオンズの中心打者として活躍。60年に3割4分4厘、66年に3割5分1厘で首位打者。68年には川上哲治、山内一弘に続いて3人目(当時)の通算2000安打を達成した。72年に西鉄へ移籍し、同年限りで引退。通算2222試合、2314安打、246本塁打、979打点、打率2割9分8厘の成績を残した。ベストナイン9回、オールスター戦出場12回。 打撃技術をとことん突き詰める性格で、現役晩年は試合前にベンチで座禅を組むなど風変わりな行動が話題になった。引退後は指導者になることもなく球界と距離を置いた。