訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

松本清 氏

マツモトキヨシ創業者政治家、松戸市長[日本]

1973年 5月21日 死去心不全享年歳

松本 清(まつもと きよし、1909年(明治42年)4月24日 - 1973年(昭和48年)5月21日)は、千葉県東葛飾郡湖北村(現・我孫子市)出身の実業家、地方政治家。
ドラッグストアチェーン日本最大手の「マツモトキヨシ」の創業者。
東葛飾郡小金町議会議員(当時)、千葉県議会議員、松戸市長を歴任。
1909年(明治42年)4月24日: 千葉県東葛飾郡湖北村(現・我孫子市湖北)で生まれる 1923年(大正12年): 知合いの伝で丁稚奉公(でっちぼうこう)しながら薬の勉強を始める 1930年(昭和5年): 「東洋の製薬王」と呼ばれた星一(作家星新一の実父)が設立した星製薬商業学校(現・星薬科大学)を卒業 1932年(昭和7年): 薬種商免許取得の後、「松本薬舗」を開業 1942年(昭和17年): 千葉県東葛飾郡小金町議会議員(後・昭和の大合併後に東葛市を経て松戸市に編入) 1947年(昭和22年): 千葉県会議員、当選(東葛飾郡選挙区) 1951年(昭和26年): 千葉県会議員2期目、当選。

「松本清」と関連する人物(故人)