芸能人・経営者のおくやみ情報

栃錦清隆 氏(とちにしききよたか)

相撲力士・第44代横綱[日本]

1990年 1月10日 死去脳梗塞享年66歳

栃錦清隆 - ウィキペディアより引用

栃錦 清隆(とちにしき きよたか、1925年2月20日 - 1990年1月10日)は、東京府南葛飾郡(現・東京都江戸川区)出身の元大相撲力士。
第44代横綱。
本名は大塚 清(おおつか きよし)で、のちに栃木山守也の養子となって中田 清(なかた きよし)となる。
誕生~入門 1925年に、蛇の目傘の製造を営む家の二男として生まれる。
少年時代から運動神経は抜群で、並外れた体力と恵まれた体格を見た近所の八百屋の勧めもあって、春日野部屋の門を叩く。
1939年1月場所で初土俵を踏む。
四股名の「栃錦」は、師匠春日野の現役名(栃木山)と、その兄弟弟子だった大錦卯一郎から付けた。
新弟子検査では直前に白飯と水を腹一杯に詰め込み、体重計の上に飛び乗って針を大きく揺らして通過したというほどの軽量で、周囲の期待はさほど高くはなかった。
ただ、春日野だけは「軽量だから三段目でさすがに厳しいかと思っていると、ちゃんと相応の相撲を取る」と評価していた。
これは、有望な弟子たちを次々に兵役へ取られていく中で、春日野としては栃錦に期待するしかなかった、とも言われている。

栃錦清隆。本名中田(旧姓大塚)清。 大相撲第44代横綱。 1925年2月20日生まれ、東京府南葛飾郡(現東京都江戸川区)出身。 昭和14年1月初土俵。 四股名は師匠春日野の現役名栃木山と当時の兄弟弟子大錦から取ってつけられた。 昭和19年5月十両昇進。しかし、同時に徴兵される。 終戦後の昭和22年6月入幕。 昭和29年9月、連続優勝と東富士の引退で横綱昇進。 初代若乃花幹士との栃若時代?で戦後相撲界最初の黄金時代を築いた。 現役中の昭和34年に師匠が亡くなり、二枚鑑札として春日野部屋を継承。 昭和35年3月場所、若乃花と史上初めて14戦全勝同士で千秋楽に対決し、敗れる。 翌5月場所、初日から2連敗し引退。 幕内在位52場所513勝203敗1分32休 優勝10回、殊勲賞1回、技能賞9回 昭和49年日本相撲協会理事長就任。両国国技館建設などに尽力した。 1990年1月10日逝去。 小岩駅構内には彼の銅像が立っている。 * (引用元 Hatena Keyword)