芸能人・経営者のおくやみ情報

西行(さいぎょう)

武士侶、歌人[日本]

(俗名・佐藤義清、文治6年2月16日入寂)

(ユリウス暦) 1190年 3月23日 死去享年73歳

西行 - ウィキペディアより引用

西行(さいぎょう)、元永元年(1118年) - 文治6年2月16日(1190年3月31日)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・僧侶・歌人。
父は左衛門尉・佐藤康清、母は監物・源清経女。
同母兄弟に仲清があり、子に隆聖、女子(単に西行の娘と呼ばれる)がある。
俗名は佐藤 義清(さとう のりきよ)。
憲清、則清、範清とも記される。
出家して法号は円位、のちに西行、大本房、大宝房、大法房とも称す。
勅撰集では『詞花集』に初出(1首)。
『千載集』に18首、『新古今集』に94首(入撰数第1位)をはじめとして二十一代集に計265首が入撰。
家集に『山家集』(六家集の一)『山家心中集』(自撰)『聞書集』、その逸話や伝説を集めた説話集に『撰集抄』『西行物語』があり、『撰集抄』については作者と目される。
生涯 秀郷流武家藤原氏の出自で、藤原秀郷の9世孫。
佐藤氏は義清の曽祖父・公清の代より称し、家系は代々衛府に仕え、また紀伊国田仲荘の預所に補任されて裕福であった。
16歳ごろから徳大寺家に仕え、この縁で徳大寺実能や公能と親交を結ぶこととなる。

交通路線において、上り下りの区別がつけられない場合に、進行方向の東西南北で表す呼び方の、西へ向かう方向の呼び方。 例: 首都高湾岸線において、千葉方面から横浜方面へ向かう向き。 JR中央総武緩行線において、千葉方面から三鷹方面へ向かう向き(B線)。 東京メトロ銀座線において、浅草方面から渋谷方面へ向かう向き(A線)。 東京メトロ日比谷線において、北千住方面から中目黒方面へ向かう向き(A線)。 東京メトロ東西線において、西船橋方面から中野方面へ向かう向き(B線)。 東京メトロ千代田線において、綾瀬方面から代々木上原方面へ向かう向き(A線)。 東京メトロ有楽町線において、新木場方面から和光市方面へ向かう向き(B線)。 東京メトロ半蔵門線において、押上方面から渋谷方面へ向かう向き(B線)。 都営新宿線において、本八幡方面から新宿方面へ向かう向き。 いずれも、その逆は東行と表現できる。 このうち、首都高速湾岸線に関してはラジオの交通情報でも警視庁オフィシャルの呼び方として使われている。鉄道に関しては都営新宿線ではこれが交通局オフィシャルの呼び方であるが、東京メトロでは「A線」または「B線」と呼ぶのが正式である。 環状交通である首都高速都心環状線やJR山手線などの場合は「内回り・外回り」、南北縦断交通となっているJR京浜東北線などの場合はは「北行(ほっこう)・南行(なんこう)」と呼ぶ。 (引用元 Hatena Keyword)