芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョン・ヒック 氏

宗教哲学者、神学者[イギリス]

2012年 2月9日 死去享年90歳

ジョン・ヒック(John Hick, 1922年1月20日 - 2012年2月9日)は、イギリスの宗教哲学者、神学者である。
カリフォルニア州クレアモント大学院大学 (Claremont Graduate University) 名誉教授(宗教哲学)、バーミンガム大学H・G・ウッド記念神学教授、ウェールズ大学ランペター校 (University of Wales, Lampeter) 名誉教授、イギリス宗教哲学会副会長、世界信仰協議会副会長などを歴任。
『神の受肉の神話』(The Myth of God Incarnate)の編者であり、研究テーマに関する数多くの本や論文を著している。
2012年2月9日、死去。
90歳没。
思想 ジョン・ヒックはキリスト教徒の哲学者で、宗教多元論の主唱者として最もよく知られている。
もともとは伝統的な福音主義者であったが、文化的・宗教的な多様性が現に存在しているという事実を、神の愛と一致させる問題を考えることを通じて、次第に多元論へと向かっていった。

「ジョン・ヒック」と関連する人物(故人)