芸能人・経営者のおくやみ情報

重松逸造 氏

元放射線影響研究所理事長[日本]

2012年 2月6日 死去肺炎享年94歳

原爆被爆者への放射線の影響を調査する日米共同機関「放射線影響研究所」(広島、長崎両市)の理事長を長く務めた重松逸造(しげまつ・いつぞう)氏が6日に肺炎のため、東京都内の病院で死去したことが16日、分かった。94歳だった。大阪府出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻芳枝(よしえ)さん。 専門は疫学と公衆衛生学。金沢大医学部教授、国立公衆衛生院疫学部長などを務めた後、1981年から97年まで放射線影響研究所の理事長を務めた。 

しげまつ-いつぞう 1917-2012昭和後期-平成時代の疫学者。大正6年11月25日生まれ。金沢大教授,国立公衆衛生院疫学部長をへて,昭和56年放射線影響研究所理事長。イタイイタイ病やスモンなどの疫学的研究,原爆被爆者追跡調査などを指導した。平成24年2月6日死去。94歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「疫学とはなにか―原因を追求する科学」「日本の疫学―放射線の健康影響研究の歴史と教訓」など。 (引用元 コトバンク)

「重松逸造」と関連する人物(故人)